名古屋城西の丸御蔵城宝館 企画展「本丸御殿に秘められた意味-将軍たるもの、清貧であれ、人格者たれ-」 | 愛知県観光協会の公式サイト【あいち観光ナビ】

観光スポット

  1. HOME
  2. イベント一覧
  3. 名古屋城西の丸御蔵城宝館 企画展「本丸御殿に秘められた意味-将軍たるもの、清貧であれ、人格者たれ-」

名古屋市

名古屋城西の丸御蔵城宝館
企画展「本丸御殿に秘められた意味-将軍たるもの、清貧であれ、人格者たれ-」

(なごやじょうにしのまるおくらじょうほうかん
きかくてん「ほんまるごてんにひめられたいみ-しょうぐんたるもの、せいひんであれ、じんかくしゃたれ-」)

開催日 : 2022年11月19日 ~ 2022年12月18日


  • 名古屋城西の丸御蔵城宝館 企画展「本丸御殿に秘められた意味-将軍たるもの、清貧であれ、人格者たれ-」

  • LINEで送る

時の名古屋城主徳川義直は、甥の家光が名古屋城を訪れた際、饗応するため、父家康が作った本丸御殿に家光用の御書院を増築します。その後上洛殿と呼ばれるこの御書院は、襖絵や天井画、飾金具で埋められた豪華な建物でした。襖絵には、将軍の目標ともいうべき善き政治・高潔な日々の手本が、天才画家狩野探幽によって描かれていました。
上洛殿を飾っていた探幽の襖絵を一挙公開いたします。昭和20年(1945)の空襲を潜り抜けた飾金具や天井画の遺品もあわせて展示し、かつては将軍・藩主などしか目にしえなかった格高くして清澄な空間の再現をご覧ください。

Outline

イベントの概要

  • 多目的トイレ
  • お土産・売店
  • 飲食店
  • Wi-Fi
開催日 2022年11月19日(土)~12月18日(日)
開催時間 9:00~16:30(最終入場 16:00)
開催場所 西の丸御蔵城宝館
所在地 〒460-0031
名古屋市中区本丸1番1号
料金 西の丸御蔵城宝館の入館料は無料
※ 名古屋城の入館料が必要(観覧料大人500円、中学生以下無料、名古屋市内在住65歳以上100円)
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
トイレ 有り
お問い合わせ 052-231-1700
定休日 会期中は無休
駐車場 有り ※ 詳しくは関連リンクをご覧ください
関連サイト

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

Access

アクセス方法

電車でのアクセス

◎地下鉄「名古屋」駅から、「栄」駅で名城線に乗り換え、地下鉄「市役所」駅下車。徒歩5分
◎市バス「名古屋駅」から、市バス「名古屋城正門前」下車。徒歩1分
◎なごや観光ルートバスメーグル「名古屋駅」(8番のり場)から、メーグル「名古屋城」下車。徒歩1分

お車でのアクセス

◎名古屋高速道路「黒川出口」より8分
◎名古屋高速道路都心環状線「丸の内出口」より5分