古川美術館(分館 爲三郎記念館)|観光,美術館,カフェ | 愛知県観光協会の公式サイト【あいち観光ナビ】

観光スポット

  1. HOME
  2. スポット一覧
  3. 古川美術館(分館 爲三郎記念館)

名古屋市

古川美術館(分館 爲三郎記念館)

(ふるかわびじゅつかん(ぶんかん ためさぶろうきねんかん))

  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)
  • 古川美術館(分館 爲三郎記念館)

  • LINEで送る

古川美術館は、初代館長故・古川爲三郎が長年にわたって収集し大切にしてきた美術品を、「私蔵することなく広く皆様に楽しんでいただきたい」という想いからその寄付を受け、平成3年11月に開館しています。そして爲三郎の没後は、彼の私邸を「みなさんの憩いの場として使っていただきたい」という遺志を受けて、古川美術館の分館「爲三郎記念館」として開館し、庭園と数寄屋造りの「爲春亭」、茶室「知足庵」等を公開しています。2018年11月には登録有形文化財の登録を受けました。邸内の数寄屋カフェでは、爲三郎103歳の長寿の秘訣であるお抹茶の他、コーヒーと季節の和菓子などを、床の間に設えられた遺愛の品や、四季折々の美しさを見せる日本庭園を眺めながら楽しむことができます(呈茶の利用は別途有料700円)。
※ お茶、お菓子のメニューは季節により異なります。

Outline

スポットの概要

  • お土産・売店
  • 駐車場
  • Wi-Fi
所在地 〒464-0066
名古屋市千種区池下町2-50
料金 ◎古川美術館、分館爲三郎記念館2館共通入館券
 一般1,000円~、高大生500円~、中学生以下無料
◎爲三郎記念館のみ入館券(呈茶付) 全て1,000円
※ 2館共通入館券のみ割引が適用されます
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業日・時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
※ 古川美術館、分館 爲三郎記念館ともに同じ営業日にて開館
駐車場 無料・普通自動車10台
◎美術館前駐車場(6台)
◎記念館第1駐車場(4台)
◎特約のコインパーキング1時間無料
(1時間以上の場合20分につき100円)
※ 大型バス対応できる駐車場はございません。
トイレ 有り
定休日 ◎月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
◎展示替期間
◎年末年始
電話番号 052-763-1991
関連サイト

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

Access

アクセス方法

電車でのアクセス

◎地下鉄「名古屋」駅から、地下鉄東山線「池下」駅下車。1番出口より東へ徒歩3分
◎地下鉄「名古屋」駅から、地下鉄東山線「覚王山」駅下車。1番出口より西へ徒歩5分

お車でのアクセス

◎名古屋高速「春岡IC」より北へ約8分