名古屋市博物館 特別展「もしも猫展」 | 愛知県観光協会の公式サイト【あいち観光ナビ】

観光スポット

  1. HOME
  2. イベント一覧
  3. 名古屋市博物館 特別展「もしも猫展」

名古屋市

名古屋市博物館 特別展「もしも猫展」

(なごやしはくぶつかん とくべつてん「もしもねこてん」)

開催日 : 2022年07月02日 ~ 2022年08月21日


  • 名古屋市博物館
  • 名古屋市博物館
  • 名古屋市博物館
  • 名古屋市博物館

  • LINEで送る

「もしも、うちの猫が人のように話したら?」そんな想像をしたことはありませんか。人間以外の何かを人間になぞらえることを擬人化(ぎじんか)とよびます。天保 12 年(1841)頃から、浮世絵師の歌川国芳(うたがわくによし)は猫を擬人化したり、役者を猫にした作品を次々と発表していきます。

本展では猫の擬人化作品と、それらを描いた歌川国芳を主軸に据えながら、江戸時代の擬人化表現の面白さに着目します。そのなかで、なぜ国芳の作品にかくも惹きつけられるのか、その魅力のありかを探っていきます。

Outline

イベントの概要

  • 多目的トイレ
  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
  • バスのりば
  • Wi-Fi
開催日 2022年7月2日(土)~ 8月21日(日)
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 名古屋市博物館
所在地 〒467-0806
名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
料金 [観覧料]
一般1,600円(1,400円)
高大生1,000円(800円)
小中生500円(300円)
※ ( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※ 本展の前売券販売は7月1日(金)まで
※ 名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコきっぷを利用してご来館の方は当日料金より100円割引
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
駐車場 74台(うち身障者用2台)普通車1回300円 
※ 駐車可能時間8:45~17:30
※ なるべく公共交通機関をご利用ください。
トイレ 有り
お問い合わせ 052-853-2655(名古屋市博物館)
定休日 ◎月曜日 (7月18日、8月15日は開館)
◎7月19日(火)、7月26日(火)
チケット販売 本展の前売券、当日券および割引観覧券は、名古屋市博物館、チケットぴあ(Pコード=686-041)、ローソンチケット(Lコード=45227)、セブンチケット(セブンコード 094-573)、イープラス、Boo-Wooチケットなどで販売します。
関連サイト

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

Access

アクセス方法

電車でのアクセス

地下鉄桜通線「名古屋」駅から、「桜山」下車。
 ◎4番出口から南へ150m。
 ◎エレベーターをご利用の場合、3番出口から南へ400m。