あま市七宝焼アートヴィレッジ 企画展「七宝の美ー尾張七宝の名品たちー」 | 愛知県観光協会の公式サイト【あいち観光ナビ】

観光スポット

  1. HOME
  2. イベント一覧
  3. あま市七宝焼アートヴィレッジ 企画展「七宝の美ー尾張七宝の名品たちー」

あま市

あま市七宝焼アートヴィレッジ
企画展「七宝の美ー尾張七宝の名品たちー」

(あまししっぽうやきあーとゔぃれっじ
きかくてん しっぽうのび おわりしっぽうのめいひんたち)

開催日 : 2024年01月27日 ~ 2024年03月03日


  • あま市七宝焼アートヴィレッジ
  • あま市七宝焼アートヴィレッジ
  • あま市七宝焼アートヴィレッジ
  • あま市七宝焼アートヴィレッジ
  • あま市七宝焼アートヴィレッジ

  • LINEで送る

「近代七宝の祖」梶常吉が、七宝小盃を完成させてからおよそ190年。江戸時代の終わり頃に誕生した近代七宝は、林庄五郎の手を経て遠島村に伝わり、名工と呼ばれた職人たちの熱意と努力により、明治時代には日本だけでなく世界にその名を知られる美術工芸品となりました。
明治の七宝界においては、帝室技芸員に任命された「濤川惣助」「並河靖之」がクローズアップされがちですが、近代七宝発祥の地「尾張」でも、非常に多くの七宝職人たちが切磋琢磨し、多くの技法を編み出すと同時に、優れた七宝作品が作られてきました。
今回は、明治・大正時代を中心とした技術的にも非常に優れた「尾張七宝」を集めました。有線七宝を極めた並河靖之、無線七宝で知られる濤川惣助のように一つを極めるのではなく、技術的に様々な工夫を凝らした尾張の職人の技と作品の美しさを紹介するものです。

Outline

イベントの概要

  • 多目的トイレ
  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
  • バスのりば
開催日 2024年1月27日(土)~3月3日(日)
開催時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 あま市七宝焼アートヴィレッジ 企画展示室
所在地 〒497-0002
あま市七宝町遠島十三割2000番地
料金 一般310円(250円)/小中学生100円(50円)
※ ( )は、20名以上の団体料金
※ 常設展示料金にて観覧可
トイレ 有り
お問い合わせ 052-443-7588
定休日 1月29日(月)、2月5日(月)、13日(火)、19日(月)、26日(月)
駐車場 有り(100台)
関連サイト

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

Access

アクセス方法

電車でのアクセス

◎名鉄津島線「七宝」駅下車。徒歩約25分
◎名古屋駅「名鉄バスセンター」より津島線「安松」バス停下車。徒歩約15分

お車でのアクセス

名古屋第二環状自動車道「大治北IC」より約5分