断夫山古墳 | 愛知県観光協会の公式サイト【あいち観光ナビ】

観光スポット

  1. HOME
  2. スポット一覧
  3. 断夫山古墳

名古屋市

断夫山古墳

(だんぷさんこふん)

  • 断夫山古墳

  • LINEで送る
神話のロマンス!?東海地方最大の前方後円墳

「神宮西公園」内にある断夫山古墳は、東海地方最大の前方後円墳(後円部径約80m、高さ13m、前方部幅は約120m、高さ16m)。墳丘は3段築成で、墳丘西側は方形になっています。古来より、日本武尊(ヤマトタケル)の妻であった宮簀媛命(ミヤズヒメノミコト)の墓として伝えられ、熱田社の神域として保護されてきました。『古事記』によれば、ヤマトタケルはミヤズヒメに草薙剣を預けて伊吹山の国津神たちを退治しようとして命を落としたとあります。そこから残された草薙剣を祀って創建されたのが熱田神宮で、断夫山古墳の近くにはヤマトタケルの墓と伝えられる白鳥古墳だとの言い伝えも。しかしながら、発掘調査により造られたのは6世紀前半と推定されており、実際はこの頃活躍する尾張連氏に関係する墳墓とみられています。

Outline

スポットの概要

  • 多目的トイレ
  • 駐車場
所在地 〒456-0027
名古屋市熱田区旗屋1-1014
駐車場 無料 49台
トイレ
電話番号 052-681-5204(熱田神宮公園管理事務所)
052-954-6783(愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室保護グループ)

※ Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

Access

アクセス方法

電車でのアクセス

地下鉄名城線 西高蔵駅 2番出口南へ徒歩5分
地下鉄名城線 神宮西駅 4番出口北へ徒歩10分

お車でのアクセス

名古屋高速4号東海線 六番北出口より約8分