飛沫防止用のシートに係る火災予防上の留意事項について | 愛知県観光協会の公式サイト【あいち観光ナビ】

News

新着情報

2020年7月30日【愛知県】

情報

飛沫防止用のシートに係る火災予防上の留意事項について

総務省消防庁からの情報提供です。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の観点から、接客カウンター等への飛沫防止用のシート(以下「シート」という。)の設置が増えているところですが、先日、大阪府内の商業施設において、ライターを購入した客が試しに点火したところ、シートに着火する火災が発生しました。
シートの材質によっては、着火・燃焼しやすいものがあることから、シート設置の際には下記の点を十分ご留意ください。

⑴ 火気使用設備・器具、白熱電球等の熱源となるものの近くには原則設置しないようにしてください。ただし、これらの近くに設置することが感染予防対策上必要な場合にあっては、燃えにくい素材(難燃性、不燃性、防炎製品など)を使用してください。
⑵ 同じ素材であれば、薄いフィルム状のものに比べて板状のものの方が防火上望ましいです。
⑶ 不明の点があれば、最寄りの消防署に相談をしてください。

なお、燃えにくい素材の考え方については、別紙を参考としてください。

【別紙】燃えにくい素材の考え方について:256.17KB

一覧へ戻る